bg

bg

焼却灰仮設保管容器を開発

共栄建材工業は東北福祉大学の指導を受け、放射性遮蔽効果のある焼却灰仮設保管容器を開発いたしました。

松戸市と共同で行った実験では放射線を90%以上遮蔽することを確認しております。

トンバックをそのまま入れ蓋をする仕組みで、ボルト留めで二段重ねも可能です。

すでに松戸市に192基納入させていただいております。

製品名:焼却灰仮設保管容器

  • 壁厚15cmのコンクリートにより、90%以上の放射線遮蔽効果があります。
  • 製品内部に遮水シートが付いています。
  • 地震動レベル2にも耐えられる設計です。
  • 本体重量2.7t、頂版重量1tなので、ユニックでの施工が可能です。
  • 潰れたトンパックも入るように、口を広く1m30cmとしました。
  • 仮置場からフォークリフトでの移動が可能です。
  • ボルト止めで容器の二段重ねが出来ます。
  • ガイドピンにより頂版の接合、二段目の接合が簡単に出来ます。
  • 製品の不陸調整も簡単に出来ます。
  • 松戸市に192個の納入実績があります。
施工前の状況

焼却灰の投入

設置完了
本体及び頂版をボルトにより接合
ユニッククレーンによる設置